■2004/6/27

ちょっ早いけどお散歩デビューです。
朝は旦那とふたりで・・・・
どうもあたしの躾方が悪いとお叱りを受けました。
あたしゃ躾は元々苦手です。(笑)
左横につかせるのも一苦労。
旦那は結構うまく出来るようです。
向いているのかも?
あたしは落ち着きがないから、シェリーも焦ってしまうのかもね?


そんなこんなで、夕方の散歩は旦那にお任せしました。
朝より少しだけ遠くに行ったらしいです。
そして、他のワンコとたくさん逢ったみたいです。
他のワンコも散歩の時間だったのかなぁ?(6時ごろだけど)


『つけ』が出来たらご褒美をあげて、それもアイコンタクトをしっかりする。
そして時々『シット』もさせる。少し休んで『シット』出来たらアイコンタクトをちゃんとしてご褒美。
ふむふむ・・・・
彼には彼のやり方があるらしくて・・・・
あたしはそんなにうまく出来ません。
やっぱり慣れるまで旦那に散歩頼むしかないなぁ〜〜なんて・・(笑)


結局、散歩ではウンチ君もおしっこも出来なかったみたいです。
家に帰ってお庭で放し飼いにしたら、おしっこをしたとか??
慣れるまでまだまだです。


リードを引っ張る事もなく、左横にいつもつけして歩いている光景を夢見てます。
早くそんな日が来ないかなぁ〜・・・なんてねっ!


そうそう、近所でシェリーは注目の的だったと。
黒ラブの子犬が珍しい様子。
注目されると、なぜかこっちが鼻高々になってしまうのはなぜっ!?(爆)


マジこれが親バカちゅうこと?






■2004/6/26

行水じゃなくて・・・お風呂にとうとうジャブーーンとつけました。(笑)
旦那とふたりで湯船にどっぷりとつかり最初は神妙na表情のシェリーさん。
慣れるにつれて蛇口をかんだり、シャンプーや石鹸なんかをクンクンしたりして、楽しいお風呂デビューが 出来たような・・・(爆)


病院で買ったあたしも使ったことのない高価なシャンプーをあわ立てつつ洗おうとしても、 長年の汚れのせいかなにかで、泡がなかなか出ない。
もったいないという気持ちをおもいっきりおさえて、たっぷりのシャンプーで綺麗になりました。
足の裏の臭さもこれで取れました。


顔にシャンプーや水がかかろうが気にしない気にしない。
そんなたくましいシェリーを発見っ!


ずぶ濡れになったシェリーを写真に収めようと思ってたのにすっかり忘れてしまい、 思い出した時にゃ終了していました。
残念。






■2004/6/19

3回目のワクチンをうちに病院へ行きました。
土曜日のせいか病院はごった返してた。
シェリーはクンクンも言わずにおとなしい。
そして、待合室でみんなに愛嬌を振りまいていた。


バーニーズの赤ちゃん見っけ。
4ヶ月らしいが、もう25キロあるんだって!
とにかくデカイ!!!!!
でもまだすることがあかちゃんでかわいい!
そのギャップがなんとも・・・・(笑)


うさぎさんに、猫さんに、ちっちゃいミックスさんに・・・・もうたくさんたくさん!
とってもにぎやかッ♪


そして診察室に入ってもおりこうさんのシェリーでした。
皮膚のほうもだいぶんとよくなってきてるし、お耳はまだカイカイしているのが気に なるにだけど、気長にお薬つけてくださいと。


ワクチンも終了。
10日たつとやっとお散歩デビューです。
プチ散歩は庭でもうすましているが・・・・・
でもちゃんと歩いてくれるのやろうか?リードをすぐかむからな?って、みんなのしんぱいは尽きない。


これからはシェリーの世界もどんどん広がっていく。


それと、お外に行くようになったら出張訓練でも受けさせないとって、考えてま す。
本格的な訓練は、まだまだ先に・・・・・






■2004/6/15

知らない間に、コドモの歯(前歯上下2本)が抜けて、大人の歯がドーーン生えてきていた。
成長が早いよなぁ〜大型犬は・・・・・


フードも今は、ニュートロに変えてみました。
日曜日の夕食から変えた。
で、
今日はまだ火曜日だけど、なんとなくフケも少なくなり、毛につやが出てきたような気がする。
つーーっか、気だけではない!
ほんとに少なくなってるし、カサカサパサパサしたところが少しマシになった。


やっと、シェリーに合ったフードが見つかったのかなぁ?
もう少し続けてみます。






■2004/6/10

娘が知り合いの人にシェリーのおもちゃをたくさんいただいて来た。
袋にいっぱい!!
ボールにお人形。レインコートまで・・・・
すげーー助かります。
レインコートはまだ大きいので着れる様になるまで、きっちりと保管しておきます。(笑)


シェリー、袋から全部おもちゃをだすと、それをひとつひとつ忙しそうに、隣の部屋に持っていっては、 ひとり遊びを楽しんでおります。
ゆっくり遊んだらいいのに、なぜかすごく忙しそうにしています。(爆)
おもちゃがとっても気に入ったと見えます。


ありがとうございましたぁー!






■2004/6/9

朝から病院。


ドックフードを元に戻して1週間が過ぎたのと。お耳のお薬が無くなったので、 朝からとっとと車飛ばして行ってきた。(笑)


お耳の方はまだお薬が必要。(外耳炎)
たれ耳犬は、お耳が要注意みたい。
皮膚は、お腹側がまだパサパサしているけど、赤みがぜんぜんなくなって、綺麗に なってきたと先生も絶賛。
どうもシェリーは乾燥肌らしく、フケのようなものが出るのもそれが原因らしいが、 ずいぶんとフケの量も減ってきて、 このくらいだとしんぱいするコトはないとのこと。
(色が真っ黒なのでフケの白いのが目立つ)


戻す前のフードと戻したフードとの成分表を比較していただいだけど、両方とも皮膚 によいとされるものが入っている。
そう中身は大した変わりがない。
ではなぜ?
その時の体調もあるし、はっきりしたコトはわからないと。
元に戻したフードはパピー用。前のは全犬用。
シェリ子はまだまだあかちゃんで、今はどんどん成長する時期だから、パピーって限定されてい るフードのほうがよいと 先生はおっしゃってた。
成長の面ではこっちのほうがよいと。


旦那にその話すると、もう一度フードを変えてみたら?って?
でも先生はパピー用のほうが成長の面ではヨイっておっしゃっていたのに・・・・・
しかし、 前のフード(TLC)は絶対に悪いモノではないと思う。
だから戻してみようかと・・・つーっか、今のが無くなったら・・・
で、やっぱり皮膚に変わったことがあったら、ヤンぺしようかと思ってる。
何もなかったら、そのフードがなくなるまで続けてみよう。
だってはっきり言って、もっちぃないしっ!(笑)


今日のしぇり子はすごくおりこうさんでした。
先生にまで誉められた。
診察の前に、受付の看護婦さんが待合のところまで来てくれて、症状とかを聞いて くれる。 どうもそれがシェリ子は好きみたい?
看護婦さんが来ると尻尾をちぎれるほど振ってのごあいさつ。
で、
去っていかれると、寂しそうにクンクンと泣く。
なぜかなぁ?
シェリ子のココロの中を覗いてみたい心境です。(笑)






■2004/6/4

昨日の事件がなかったかのようにシェリーは元気!
朝からちゃんとフードを食べてウンチ君もして、いつもと変りありません。
ほんとよかったです。


聞くところによると、胃の洗浄はとってもお高いという噂?
かなねがさねよかったです。


ラブはなんでもお口に入れるから、気をつけなくては・・・・・


あたしのせいで・・・・・なんて今日一日ブルーでした。


本人はなんのこっちゃない。いたって普通っ!(笑)






■2004/6/3

思い出したくもないウルトラたいへんな事が起こった。


夜、まおまおの部屋で服の整理を手伝っていた。あたしに・・・ それにまさやんも参加。
その時シェリーが部屋にいたなんて誰も気づかなかった。
旦那は違う部屋にいてお気楽に「レオン」を見ていた。(何回見たら気が済むの?)


片付けも終わって話こんでいると、旦那が『おいおい!』って呼ぶ。
行ってみると、 『シェリーが何か食ってる。これなにやろ?』って旦那がその白いかけら を取り上げた。
あたしは一目見て身が凍る思いがした。
「それって、ごきぶりダンゴやん!!!」


ガーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーン!!!


みんなはバタバタと部屋に入って来る。
あたしゃキッチンの戸棚に入れてあったごきぶりダンゴを持ってきて、シェリーの口から出てきた白いモノと 比べてみた。
その時はもう手がワナワナ状態。


旦那に見せると、『一緒やッ!』と一言。


あうぅーーーーーー!


どうしょ??


横でみんなが死ぬんとちゃうの?とか、吐かさんなあかん!とか、野次の連発。
その間のシェリーはごくごく普通。
何をみんな焦ってるの?ほざいてるの?って感じでこっちを見てはまたおもちゃで 遊んでる。
それにおしっこもウンチくんもしたし、いつもとまるっきり変わりがない。
でもあたしのしんぱいは100%にまで達してた。
たぶんみんなそうだったに違いない。


あたしゃ病院に電話してみるわといいながらもうすでに電話番号のボタンを押して た。
先生がいるかいないか半信半疑だっが、 なんとか通じて先生と話が出来た。
今起こった事を落ち着いて話した。
でも内心がドキドキが口から飛び出しそうだった。
ごきぶりダンゴの成分もちゃんと話した。(手作りだから・・)
そして先生から話が・・・・・
ごきぶりダンゴそのものは生命の危険はないと。
でも子犬だからしんぱいと。
胃を洗浄したほうがよいかもしれないと。
たまねぎが入っていると話すと、たまねぎ中毒ってのが犬にはあって、白血球?赤血球?とやらを壊す。
これは問題みたい。
30分のうちによだれをだしたり、目がランランとしてきたり、血尿したりしたら、 すぐ病院に連れて来なさい。
何も変わった症状がなくて、食事も食べたら大丈夫ですよとのコト!


それから何分か経過。
特に変わった症状もなく、普通に走り回っていたので、あたしら家族みんなホット安心し た。
が、
オッチンしてる様子がおかしい?
よく見ると、吐いている。
あぁーーーーーーーーーーーーーー!
みんなが吐いているモノに注目。
まさしくごきぶりダンゴのドローーっとしたものがおやつと混じってそこにあった。
あたしゃ胸をなでおろし・・・・
シェリーにヨシヨシして、これで大丈夫だと思った。


それから12時半頃もう寝ようかと窓を閉めていたら、またシェリーの様子がおかし い?
またまた吐いた。
今回はもっともっとたくさんの量。
もうごきぶりダンゴの白いのは見当たらなかったが、ドッグフードが山のようになっ てでていた。
今度こそこれで大丈夫やろと確信。


身体に悪いモノは受け付けないちゅうことやねんなぁーーーーってみんなの 意見。


これで一件落着となりました。
まおまおに部屋にごきぶりダンゴを置いたのはあたし。
シェリーが来てからは片付けたつもりでいたのだけど・・・・・・
でもそこにあったちゅうことはあたしの不注意。
ごきぶりダンゴが何であるかとかそういうのはシェリーにとって知ったこっちゃない もん!
ほんとにシェリーに悪い事をしました。
反省です。


ほんとにほんとに何が襲ってくるかわからない。
気をつけなければ・・・・






■2004/6/2 (2)

お風呂で少しはカイカイがマシになると思っていたあたしがおバカだった。
観察していると、はやりカキカキは止めていない。
朝ブラッシングしたら、フケのようなものが出てきた。
あれっ!???
どうしよ??
お腹を見るとカサカサになってて、ところどころ皮がむけている。
昨日も少しだけそういうところがあったが、ひどくなっている感じがする。


おぉーーーまいーーごっど!


会社行く前に病院へ寄る。
もちろんシェリーは家。
あたしひとりだけっ!
ちょうどあのかわいい先生がいらした。
診察室に呼ばれた。
あたしはシェリーを連れてきていないので、受付で話を聞いてもらうつもりしてたの に、 30分?いや?1時間?くらい先生とふたりっきりの時間を過ごした!
(何を期待しているのやら??)(笑)
この先生一生懸命に話を聞いてくれるし、質問しても的確に答えてくれる。
そして、解らないことは解らないとはっきりおっしゃる。
あたしゃ顔だけじゃなく、そういうところも好きです。(告白)


先生も、原因がよくつかめないらしい?
で、
ひとつにはドックフードを変えたのが原因の要素かもしれないとのこと。
前のフードに戻す。(1週間くらい)
そして様子を見る。
お腹のカイカイから始まってだんだんとカイカイがエスカレートしている。
その経過で変わったコトをしたとしたら、フード。それにお庭に出したコト、そうそうお風呂も 。
最初の状態に戻すようにして様子を見る。
それしか今は手立てがないと。
あたしもよくよく考えてみると、フードを代えてからどうカキカキが激しくなった気 がする。
今日から、フードを元に戻してみます。






■2004/6/2 (bP)

お風呂デビューです。
写真を撮る暇さえなかった!(笑)


弱酸性のシャンプーですっきり爽快?(笑)


最初なかなか泡がでなくって、でもあまりシャンプーそのもので刺激になっては いけないと思うし、、、よーーっくお湯で薄めてジャバジャバ!
あっという間のお仕事です。


さすが湯船にはまだ入れなかった。
旦那はなにか物足りない様子だったが、あまり長時間はよくないと・・・あたしの判 断。
ほんとはまだワクチンが終わってないうちにシャンプーしてるのだから、こっそりと しないと??・・・(爆)


シェリーちゃん湯上り美人になりました。(ぽわーーん)


バスタオルで念入りにフキフキ。
フキフキはあまり嫌がらなかったが、ドライヤーが苦手。
そうそう、扇風機もダメだし、風が嫌いらしい?
でも思ったよりも乾きが早い。
やはり短毛のせいかなぁ?
バツ君の場合はタオルだけではダメ。
ドライヤーは必需品だった。彼はドライヤーであろうと掃除機であろうとなんであろ うと 怖いもの知らず。
今思えば、やりやすい子だったなぁ〜(遠い目)
で、
フキフキもすっかり終わると、部屋中を走り回る。
これはバツ君と同じ。
今まで自由を奪われていたせいなのか?
半端じゃなく暴れまわる。
勢いで、あたしのベットにまで上がりそしてひとりで降りた。
降りることがむちゃくちゃ苦手なのに・・・・・
勢いって恐ろしい。
犬格が変わってたぞっ!シェリー!(笑)






■2004/6/1

食糞はいまだ治らず。


シェリーをひとりきりでお留守番をさせた時に大変な事件が起こった。
ソファーの乗ったものの降りるコトが出来ない。
チョー怖がりで運動神経もイチミクロしかないシェリーにとって 降りることは至難の技なのでしょうか?(笑)
乗るには乗ったがちょうどウンチ君をもよおしてきて、降りるに降りれない状態。

そこでウゥーーーンっと!一発!二発!
それからカパーーっとお口へ・・・・・・
(あくまでもあたしの想像です)


帰ってきたあたしたち家族唖然!!
ソファーには残ったカスのようなウンチ君の残骸と、シェリーが同化していた。


この事件以来、ソファー乗り入れ禁止令発令中。


シェリーは赤いソファーだけがお気に入り。
つーーっか、そのソファーはうちにいらっしゃるお客さんのお気に入りなんです。
来る客来る客が気に入る。
すわり心地ピカイチ!座ってもよし、寝転んでもよし・・・・幸せの極地案内してく れる。
ワンコにまで気に入られたソファーは、ソファーの役目を全うしてるかのように、 偉そうにみえるけど・・・(笑)
まぁまぁ〜それはおいといて・・・


ソファー乗り入れ禁止はいつまで続くのか?
そして、シェリーはいつソファーから降りれることが出来るのか?
これからの課題です。(んな大げさなっ!)